RSS

カテゴリー別アーカイブ: 飛行機

シンガポールに入国 by JAL37便


シンガポールの入国申請書が配られた。上の棚にあるカバンからペンを取りたかったのだが、なかなかその気にならなかった。理由が分かった。JALの777のシートの配列が3-3-3から3-4-2に変わったのだ。通路側の2隻側は棚まで遠いのだ。というより何かあって棚の扉が開いたら、直撃だぞ。次回から気を付けて座席指定しよう。

DSC_3892

とは言いながら、無事棚のカバンからペンを出し、入国申請書を記入する。字が小さすぎて見えない。

DSC_3894

東京は冬の嵐の中の離陸だったが、シンガポールは雷雲。着陸時も揺れが続いた。

DSC_3897

17時25分、シンガポール・チャンギ国際空港に到着した。

DSC_3899

JL37 on JA707J

Welocome Singapore!!

DSC_3900

Welcomeながら赤字のコメントが強烈なのがシンガポール。

DSC_3896

(これまでは香港からの入国だったので、このように具体的に日本語で「死刑」と出されると・・・)

広告
 
コメントする

投稿者: : 2017年12月13日 投稿先 風景, 飛行機, 旅日記4

 

フィリピンを過ぎて軽食 at JAL37便


東京を出て4時間ほどでフィリピン上空を通過。初めてのフィリピン上空だったが、ちょっと揺れたね。洋上に出ると再び安定飛行へ。

DSC_3888

ボルネオ島の西岸を進む。シンガポールまでもう少しである。

DSC_3889

ここで軽食が配られる。欧州便ならウラル山脈を越えてヨーロッパ入りするときに出てくる軽食。小さいコーンボタージュパン。サイズはともかく、濃厚なコーン味で美味しかった。これはシンガポール着いたら「軽食」だな。

DSC_3890

 
コメントする

投稿者: : 2017年12月12日 投稿先 飛行機, 旅日記4, 今日の食事

 

2017年11月23日の機内食・JAL37便編


早い時間から後ろの席では機内食の提供が始まっていた。私のところでメインがハンバーグの機内食がなくなったという。まあいいや、マイレージでタダ(厳密には違うが)乗りしてるから、文句も言えないや。この月のJALの機内食は若手シェフのセレクションなんだそうだ。

DSC_3883

DSC_3884

ハンバーグじゃないほうは、マイルドエビチリと翡翠ライス。ハンバーグだったらパンだったようなので、これはよかったぞ。味も辛くなくマイルドで、ご飯とマッチ。味噌汁を出してくれるのもJALである。ビールは久しぶりにエビスだ。

DSC_3886

デザートにはもちろん、ハーゲンダッツのアイス。

DSC_3887

 
コメントする

投稿者: : 2017年12月11日 投稿先 飛行機, 旅日記4, 今日の食事

 

まずは日本脱出 by JAL37便


それでは、飛行機撮影を覗く旅日記を記していく。

11月23日、羽田は大雨だった。そんな中で海外脱出である。

DSC_3875

JAL37便、シンガポールへのフライトである。

DSC_3876

揺れが予想されるので事前にトイレを済ませて搭乗するように、とのアナウンスがあった。Twitterの情報ではこの時間の羽田着陸は大変だったらしい、中にはエアポケットに落ちたとの情報も。

DSC_3877

不安もあった、実際に離陸上昇時も揺れたがあれくらいならなんとか。静岡県を過ぎたあたりから安定飛行に入った。

DSC_3879

志摩半島あたりから方角が南となった。まずは大東諸島へ飛んで行くのだ。

DSC_3880

海外脱出を「祝って」、JALではおなじみの梅酒のソーダ割りで乾杯である。

DSC_3881

11月ながら南の海の画になってきた。

DSC_3882

 
コメントする

投稿者: : 2017年12月10日 投稿先 飛行機, 旅日記4

 

欧米豪そして日本 at シンガポール


最後に欧米・オーストラリア・日本の飛行機をご紹介していこう。

シンガポールの飛行機撮影で一番期待できないのはアメリカ。シンガポールからアメリカは遠く、直行便が少ないのがカギ。ところがユナイテッド航空がサンフランシスコから787でやってきてるんだね。しかも便名はファーストナンバー001便。離陸しか撮れず機体番号は確認できないが、ユナイテッドを見られただけでも良しとしよう。

IMG_6036

欧州は、午後に飛んでくるんだな。イギリスは380、

IMG_5791

ブリティッシュエアウェイズ A380-800 (G-XLEA)

エールフランスKLM連合は777で、

IMG_5798

KLMオランダ航空 B777-300ER (PV-BVG)

IMG_5802

エールフランス航空 B777-300ER (F-GSQK)

フィンエアーは350だ。

IMG_6508

フィンエアー A350-900 (OH-LWK)

そしてスイスは777・・・え、777だ。スイスは最近になってB777を導入した。日本にはまだ飛んでいないはずなので、いいところで撮ることができた。

IMG_6579

スイスインターナショナルエアラインズ B777-300ER (HB-JNE)

そしてこちらの無塗装のA340、調べてみるとマルタの航空会社だそうだ。チャーター便のために飛行機を貸し出して利益を得ているようだ。オーストラリアから飛んできてたので、ヨーロッパからのツアーに対応しているのだろうか?

IMG_5612

ハイフライマルタ A340-300 (9H-FOX)

オーストラリアと言えばカンタスだ。シンガポールならたくさん見ることができる。

最初に見たのが、Oneworld塗装ではないか!

IMG_6529

IMG_6548

カンタス航空 A330-200 「Oneworld特別塗装」(VH-EBV)

シンガポールでは737でも飛んでくるんだね。この飛行機はパースから。意外と近いんだな、シンガポールとオーストラリアは。

IMG_6597

IMG_6601

カンタス航空 B737-800 (VH-XZE)

親子カンガルー1セット。

IMG_6603

撮影完全終了前にもう1機330のカンタスがやってきた。カンガルーファミリー成立。

IMG_6705

IMG_6718

カンタス航空 A330-200 (VH-EBP)

最後に日本の飛行機を。初日に見たのは深夜に那覇を出発して飛んできたANAカーゴ。シンガポールで姿を見せるのはお昼前になるのだ。

IMG_5321

全日空(ANAカーゴ) B767-300ERBCF (JA8664)

旅客は787だった。

IMG_6570

全日空 B787-9 (JA887A)

JAL37便でシンガポールへ飛んできた777、私が乗った日はJA707Jだった。翌日の撮影初日はJA705J、ドバイの政府専用機の後だった。

IMG_5944

日本航空 B777-200ER 「CONTRAIL特別塗装」(JA705J)

最終日にJAL37瓶でやってきたのがJA701Jだ。

IMG_6493

IMG_6494

この折り返しのJAL36便に乗って羽田へ戻ったのである。

IMG_6504

日本航空 B777-200ER 「JAL SKY SUITE 777特別塗装」(JA701J)

以上、シンガポールでの飛行機撮影は充実満足であった。

 
コメントする

投稿者: : 2017年12月7日 投稿先 飛行機, 旅日記4

 

南アジア中東そしてアフリカ? at シンガポール


次は南アジアを見てみよう。

シンガポールはインド人街があり、たくさんの飛行機の飛来を楽しみにしていたが、期待外れに終わった。

奇抜なデザインと思いきや、エアインディアの子会社だって。

IMG_5525

エアインディアエクスプレス B737-800 (VT-AXQ)

ジェットエアウェイズは見たけど離陸時で、しかもシンガポールは小型機で何とか撮れたくらいだ。

IMG_6066

ジェットエアウェイズ B737-800 (VT-JTB)

エアインディアは構わず787でシンガポールなんだな。

IMG_6680

エアインディア B787-8 (VT-ANH)

しかしインド周辺国が空回りを埋めてくれた。ビーマンバングラデシュ、日本へもDC-10で飛んできて、格安でヨーロッパへ飛べるおなじみの航空会社だったが、日本で見られなくなった今では貴重だ。

IMG_5678

ビーマンバングラデシュ航空 B737-800 (S2-AHV)

スリランカンはOneworld塗装でやってきたではないか。スタアラのシンガポールでは貴重だぞ。

IMG_6204

スリランカ航空 A330-200「Oneworld特別塗装」(4R-ALH)

もう1つ残念だったのはアフリカ、アフリカ大陸からは来なかったなあ、この1機くらいかな、アフリカには近いけど、遠くであることに変わりはない、モーリシャスである。

IMG_6284

モーリシャス航空 A330-200 (3B-NBM)

残るは中東、初日は調子悪かったが、2日目以降から調子が上がった。ターキッシュをこの通りターミナルから撮ることはなかったなあ。

IMG_6556

IMG_6564

ターキッシュエアラインズ B777-300ER (TC-JJN)

ターミナルから見たエミレーツもかっこよかった。プッシュバックされて、滑走路へ向かって行く姿を見るとね。

IMG_5992

IMG_5997

IMG_6002

IMG_6007

エミレーツ航空 B777-300ER (A6-EGG)

777だけじゃなくて380も飛んできたよ。ドバイとはたくさん飛んでいるようね。

IMG_6273

エミレーツ航空 A380-800 (A6-EDH)

カタールはA350で飛来。

IMG_5682

カタール航空 A350-900 (A7-ALP)

サウジアラビアを見たねえ。今はサウディアというそうだ。日本へ飛んでこないがイスラムの文化もあるシンガポール、こういう飛行機が飛んでくるのだ。

IMG_5735

サウディア B777-300ER (HZ-AK20)

そして今回のシンガポール飛行機撮影で一番驚いたのがこれである。初日撮影を終える寸前、前日乗ったJAL37便の前に航空会社不明の747が着陸のルートに入ったことをFlightradarで確認。カメラを構えて待っているとジャンボがやってきた。

IMG_5936

ホテルへ戻ってから確認したところ、ドバイロイヤルエアウィングという会社、実態はドバイ首長の一家しか使えない航空会社、つまり「政府専用機」に相当する飛行機なのだ。日本のように747で飛んでくるのだ。

IMG_5939

ドバイロイヤルエアウィング B747-400 (A6-MMM)

公的業務なのか確認できないが、私用で飛んできている可能性がある。シンガポールはこの日アメリカと同じく「ブラックフライデー」。買い物に来ることはあるんじゃないの?ドバイなので、否定できないね。翌日もチャンギ空港にまだいたので、その可能性は高い。この飛行機は日本でも飛来情報がある。

IMG_5964

 
コメントする

投稿者: : 2017年12月6日 投稿先 飛行機, 旅日記4

 

アジアの空の風 at シンガポール


それでは東南アジア・東アジアの航空会社の機体をご紹介。

ブルネイは香港でもおなじみだった。シンガポールは近いからなおさらだね。久しぶりのロイヤルブルネイである。

IMG_5358

ロイヤルブルネイ航空 A320-200 (V8-RBW)

バンコクエアウェイズも日本ではなかなか見られなくなった。シンガポールなら飛んでこれる。

IMG_5828

バンコクエアウェイズ A319-100 (HS-PPF)

マレーシア航空も新しいデザインへどんどん変わっている。旧塗装の飛行機も少なくなっていくであろう。小型機は日本では難しいので1枚。

IMG_5766

マレーシア航空 B737-800 (9M-MLG)

東アジアもここでは面白く、まずは中国。この航空会社初めてだな。尾翼を見たときコリアンエアかと思った。河北航空、石家荘をハブとした中国の航空会社だ。場所が微妙だが、そこからシンガポールを狙うとは、日本へも関空への路線開設を狙っているとのこと。

IMG_5833

河北航空 B737-800 (B-7227)

中国貨運航空、中国東方航空の貨物会社であるが、中国東方のマークでジャンボを見たのは初めてではないか?貨物は好調ということだろうね。

IMG_5588

中国貨運航空 B747-400FERSCD (B-2426)

チャイナエアラインもジャンボで貨物便。

IMG_5601

チャイナエアラインカーゴ B747-400FSCD (B-18722)

そしてキャセイも、あれ! 新塗装で来たじゃないの!!ジャンボの旅客便はなくなったけど貨物で新塗装になったことはうれしい限りだ。

IMG_5629

キャセイパシフィックカーゴ B747-400FERSCD (B-LIB)

これが来たその後に、新しいA350が来たからうれしいところ。もちろん新塗装だ。香港から4時間。「お試しフライト」にはちょうどいいところ、それがシンガポールなのだ。

IMG_5635

キャセイパシフィック航空 A350-900 (B-LRN)

チャイナエアラインもA350だ。こちらはミカドキジを載せて。

IMG_5622

チャイナエアライン A350-900 「ミカドキジ特別塗装」(B-18901)

タイは787だ。昨年末は見なかった。タイも新しい飛行機を試す場にしているようだ。

IMG_5436

タイ国際航空 B787-9 (HS-TWA)

そしてミャンマー、日本では絶対見られないし、シンガポールでは期待していた。2社飛んできた。いずれも737だったが、ミャンマーナショナルエアウェイズは便名が001便だった。シンガポールは新しい機体を試す場でもあり、ミャンマーのように海外最初に目指すところ、という位置づけを痛感したのであった。

IMG_5415

ミャンマーナショナルエアウェイズ B737-800 (XY-ALC)

IMG_5569

ミャンマー国際航空 A319-100 (XY-AGU)

最後に、インドネシアの貨物航空会社のB737-300だ。この航空会社、未だB727も飛ばしているらしい。そっちのほうを見たかったなあ。それでもB737-300も今となってはレアな機体なので、収穫といえるであろう。

IMG_5371

トライエムジーイントラアジアエアウェイズ B737-300SF (PK-YGH)

次回は南アジア・中東・アフリカの航空会社をご紹介していく。

 
コメントする

投稿者: : 2017年12月5日 投稿先 飛行機, 旅日記4

 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。