RSS

カテゴリー別アーカイブ: 鉄道

電車を乗り換えて向かう先は


おかゆのブランチを食べ終え、尖東駅からMTRに乗る。昔は羅湖へ向かう電車の始発だったので便利だったが、路線が伸びたことにより1つ手前の紅磡で乗り換えとなった。

DSC_3705

紅磡で乗り換え、沙田で降りた。ここでも乗り換えだ。

IMG_0780

それにしても古い電車ばかりだ。最近新車が入ったというが、導入に踏み切れないでいるようだ。新車は中国製だからだ。

IMG_0783

2本後の電車がやってきた。これに乗り換える。行き先も途中の大埔墟行きだ。違うのは「経馬場」。

IMG_0784

向かうは「馬場」、1月1日は沙田競馬場で競馬が開催されている。さあ競馬場へ向かおう。

IMG_0786

 
コメントする

投稿者: : 2020年2月20日 投稿先 鉄道, 風景, 旅日記3

 

商務車乗車で香港へ帰る


夕食を終え、地下鉄で広州南駅へ向かい、高速鉄道で香港へ帰ったが、下手すると広州の夜に放り出されそうなことになりそうだった、大みそかの顛末は以下リンクをご参照いただきたい。

 

https://shimayanhongkongasia.wordpress.com/2020/01/02/切符が買えない、支払えない、12月31日夜、広州南/

 

ここでは1人1万円近く払って乗った高速鉄道の商務車(ビジネスクラス)の乗車記を記そう。645元、まあ中国のお札の最高額が100元だから、これ乗るのに7枚払ってる、つまり日本の感覚では1万円札を7枚、2人だから14枚はたいて乗っている、と思ってもらえればいい。

DSC_3687

中国の駅は大きい。3階に上がって、待合スペースで改札が開くのを待つ。味千ラーメン・マック・ケンタッキーなどがその上の階に鎮座している。

DSC_3688

DSC_3690

改札が開始となった。ホームへはエスカレータで2階へ。たくさんのホームがあるが、ほとんど列車で埋まっているではないか。

DSC_3691

乗車するのは21時37分発の列車である。

DSC_3692

列車が入ってきた。どうやら上海の虹橋からの列車のようだ。上海からだと5時間もかからないのかな?

DSC_3693

さてこの列車には1・2等があるが、商務車は一番後ろ(車両の先頭)にあった。客室乗務員に案内された商務車のシートはこれ。親子で2人掛けのシートだが、それ以外は1人掛けのシートだ。「はやぶさ」のグランクラスのようなシートだった。

DSC_3694

出発してすぐ、客室乗務員が英語で飲み物を聞いてきた。残念ながら酒が無かったので、親子ともコーラを所望。コーラと箱に入ったクッキーを頂いた。

DSC_3695

それにしても最後尾はこのようになる。見てほしい、席の奥にあるティッシュの箱が金色だ。もう1人客がいたが、何この日本人の親子は物珍しそうに見てるんだ、と思っていたかもしれない。その客は途中の深圳北駅で降りた。その先は香港まで独占だった。

DSC_3696

22時半、香港西九龍駅に到着した。ホテルへ戻ったのは23時50分。お疲れ様、そして香港は2020年を迎えた。

DSC_3697

 
コメントする

投稿者: : 2020年2月17日 投稿先 鉄道, 風景, 旅日記3

 

冬の丘を歩いて、ぴっぷ


今日の美瑛はどんよりした空ではあったものの、大雪・十勝の山々は姿を現した。午前中はスノーシューで丘を歩いた。昨年行ったルートの逆回りだったが、昨年は雪の中歩いたので遠景は何も見えなかった。今年は良かった。

IMG_1560

IMG_1576

IMG_1682

IMG_1692

IMG_1747

IMG_1755

IMG_1771

IMG_1787

午後はノープランだった。そこで美瑛から旭川乗り換えで音威子府行きに乗り、

DSC_4128

この駅で降りた。三度目の比布である。

DSC_4131

ピップエレキバンのCMロケ地の比布神社へ行ってみた。

DSC_4136

夫婦道祖神がいるのだが、

DSC_4140

穏やかな表情にほっこりした。

DSC_4141

駅へ戻りピピカフェ比布駅で比布名産のイチゴを使ったショートケーキのセットを食べて美瑛へ戻った。

DSC_4155

DSC_4156

観光は今日まで。明日は「北海道・美瑛の風景を外から守っていく会」で関係機関へのごあいさつ回りをして帰る。北海道は明日にかけて大荒れで、各空港でも運航に支障が出るとの案内が出ているのだが、何故か旭川空港にはそのような警告なし。しかも帰る時間は晴れるらしい。さすが99.7%の就航率、といいたいが、本当に帰れるの?

 
コメントする

投稿者: : 2020年2月16日 投稿先 タビツイ2, 鉄道, 風景

 

東京へ戻ろう、シドニー早朝の出発


明けて10月22日になった。3泊ではあったが、充実のシドニーだった。このプリムスホテルもいいホテルだった。朝6時にチェックアウトし、シドニー国際空港へ向かう。

DSC_2499

行きはミュージアム駅からだった。帰りもミュージアム駅から帰ろう。

DSC_2500

忘れられない、この駅の風景。いつまでも残ってほしいものだ。

DSC_2501

DSC_2502

DSC_2503

電車がやってきた。15分ほどでシドニー国際空港に到着した。

DSC_2504

 
コメントする

投稿者: : 2020年2月15日 投稿先 鉄道, 風景, 旅日記4

 

沙面へ向かう


広州東駅から地下鉄に乗る。広州は地下鉄があって街歩きには便利だ。

DSC_3657

10駅ほど乗って、沙面という駅で降りた。以前降りたときは殺風景だったようだったが、ショッピングセンター直結の駅だった。無印良品やユニクロもあって不自然はない。

DSC_3658

歩道橋を渡ったところ、これが沙面、「広州の出島」である。

DSC_3659

ここに西洋の船がやってきて交易をやっていたのだ。その島が「沙面」である。中国にもこのような場所があるんだね。ここを歩いてみよう。

DSC_3660

 
コメントする

投稿者: : 2020年2月12日 投稿先 鉄道, 風景, 旅日記3

 

広州へ向かう電車


ホームへ上がると広州東駅行きの電車が出発を待っていた。先頭の1等車に乗る。

DSC_3653

ガラガラで静かである。我々も含めほぼ寝てしまってた。

DSC_3654

15時過ぎ、広州東駅に到着した。

DSC_3655

改札というか、パスポートを読み込んで、ゲートを出た。中国語でよくわからないが、やり方を教えてくれたおっさんがいた。しかしそのおっさんはゲートが出られないようだ、何かあったのかな?謝謝您。

DSC_3656

 
コメントする

投稿者: : 2020年2月11日 投稿先 鉄道, 風景, 旅日記3

 

電車乗るのに苦戦する


年越しそばを食べ終え、再び羅湖へ。隣接する深圳駅から電車で広州へ向かう。広州までは1時間に4本くらいで電車が走っている。1時間ちょっとで行ける。

DSC_3649

まず最初に切符購入に苦戦する。自動券売機がズラッと並ぶので購入してみようとしたが、駐在時にはなかったけどパスポート(自国民は身分証明書)を読み込むことなんてやってたっけ?そして支払いの段階でお金が使えない、クレジットカードが使えない、これには参った。最後は一番端っこにあった有人窓口を見つけて購入した。

DSC_3650

入り口ではパスポートを読み込み顔写真を撮られた。こんなことなかったのに。面倒くさいなあと思いながら改札が開いた、乗車開始だ。

DSC_3651

 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。