RSS

カテゴリー別アーカイブ: 旅日記5

ヘルシンキから帰国


ユーラシア大陸から日本海を渡り、新潟を過ぎて間もなく着陸である。

DSC_2616

福島・浜通りへ出て、成田へのアプローチ。

DSC_2617

2015年9月28日8時19分、JAL414便は成田に到着した。2015年秋の欧州旅行はこれでおしまいである。

DSC_2618

 
コメントする

投稿者: : 2016年5月18日 投稿先 飛行機, 旅日記5

 

2015年9月28日の機内食・JAL414便編


梅酒のソーダ割りで寝酒となったものの、一番近いヨーロッパのヘルシンキからだと寝られる時間が少ない、気が付けば飛行機はシベリアを過ぎ、ハバロフスク上空を飛んでいた。まもなくユーラシア大陸とはお別れ、成田まで2時間である。

DSC_2614

JALのビジネスクラスの2食目はAny time you wish、つまりメニューも時間も自由に選べるようになっている。本来ならコントローラで自動注文できるのだが、この日はソフト上の不具合があってできないので、客室乗務員にお願いする方式となっていた。

DSC_2596

まあ、朝食なんだけど、選んだのはカレー。だっていろんなところからカレーの臭いがプンプン。そりゃ私も食べなきゃなあ、朝カレー。JALのカレーは美味しい。ああ日本へ戻ってきたと思えるのがカレーだ。

DSC_2615

 
コメントする

投稿者: : 2016年5月17日 投稿先 飛行機, 旅日記5, 今日の食事

 

2015年9月27日の機内食・JAL414便編その1


それではJALのビジネスクラスの機内食をご紹介する。

DSC_2593

飲み物もそろっている。

DSC_2594

左が和食、右が洋食のメニューである。ヘルシンキからであるが和食をセレクトした。

DSC_2595

まずは前菜だ。マッシュルーム、海老とホタテのマリネである。

DSC_2598

酒は日本酒にした。まずは「東洋美人」でスタートとする。

DSC_2599

そして次が小鉢膳である。左上から右下へ順に、白酢あえ、イカのお造り、シイタケとほうれん草のお浸し、鯛の味噌幽庵焼き、鴨ロース、煮つけ、ロブスター、アナゴと大根の煮物、スモークサーモンの寿司である。

DSC_2604

酒もチェンジ、今度は「梵」である。これで日本酒メニューは制覇である。

DSC_2605

次がお食事、焼き物とご飯とお味噌汁である。

DSC_2607

最後にデザートである。紅茶も注文した。

DSC_2611

JALのビジネスクラスは香港便で乗ったことがあるが、その時の食事よりは楽しいねえ。ディナーといえる食事なのだ。おなじみの梅酒のソーダ割りを飲みながらお休みに入ることとしよう。

DSC_2613

ちなみにアメニティバックはTUMIである。

DSC_2610

 
コメントする

投稿者: : 2016年5月16日 投稿先 飛行機, 旅日記5, 今日の食事

 

JALビジネスクラスに乗る


ヘルシンキからは、先ほどまで着陸を撮影してきたJALの787で帰る。

DSC_2588

このとおりフルフラットのシートである。

DSC_2589

ディスプレイも23インチと大きくなるのだ。

DSC_2590

これからおよそ9時間近いフライトを楽しむこととなる、というより寝ることがメインとなるが。

DSC_2591

まずはシャンパンのサービスからスタート。

DSC_2592

 
2件のコメント

投稿者: : 2016年5月15日 投稿先 飛行機, 旅日記5

 

フィンエアーのラウンジで待つ


出発2時間以上前ながらすでにJALのチェックインは始まっていた。帰りはビジネスクラスなので簡単にチェックインできた。

IMG_9270

飛行機が吊られている先で出国手続きを行う。

IMG_9271

中に入ると、マリメッコ塗装の飛行機発見。どうやらこの後中部国際空港へ向かうらしい。

DSC_2582

お土産などを買って、ラウンジで待つ。ヘルシンキにはJALのラウンジがないため同じOneworldのフィンエアーのラウンジである。

DSC_2583

話によるとサウナもあるらしいが、飛行機乗る前はいいや。

DSC_2584

とはいいながら食事もあるが、これからビジネスクラスでいい食事が食べられるからねえ。軽めの食事とした。

DSC_2585

白ワインにスープと野菜、果物である。もちろんマリメッコのお皿である。

DSC_2586

そしてコーヒーとケーキを食べながら待つ。

DSC_2587

 
コメントする

投稿者: : 2016年5月15日 投稿先 飛行機, 旅日記5

 

ヘルシンキ・ヴァンター空港で撮影(後編)


撮影しているとターミナルで人だかりが。警察も出てきてて、難民がらみだろうか。

IMG_9038

そんな中、飛行機の撮影は続く。このように真っ白のATR72をたくさん見かけた。これもフライビーフィンランドである。何らかの塗り替えを行うのだと思われる。

IMG_9045

フライビーフィンランド ATR72-500(OH-ATF)

KLMは737だ。ヨーロッパの航空会社でA320じゃなく737を選ぶところも少ないのだ。

IMG_9111

KLMオランダ航空 B737-800(PH-BXW)

そして北欧でよく見かけるのはノルウェーエアシャトルである。

IMG_9135

ノルウェーエアシャトル B737-800(EI-FHL)

これはむしろ珍しく、尾翼に顔が描かれているほうが当たり前のように見えるのだ。

IMG_8968

ノルウェーエアシャトル B737-800(LN-DYA)

IMG_9217

ノルウェーエアシャトル B737-800(LN-NGO)

フィンエアーは相変わらずエアバスだが、A320より短いA319が降りてきた。

IMG_9164

フィンエアー A319-100(OH-LVA)

これはB757ではないか!

IMG_9169

コペンハーゲンで見て以来2度目、アイスランド航空である。日本では見られないから有難いね。

IMG_9177

アイスランド航空 B757-200(TF-FIC)

午後2時を過ぎて、フィンエアーの大型機が続々と降りてきた。いずれもアジア方面から飛んできているはずだ。フィンエアーはアジア便に力を入れているようだ。「一番近いヨーロッパ」なのだから。大西洋線はニューヨーク便の1便のみ、というところでお分かりいただけるかと。

IMG_9188

フィンエアー A330-300(OH-LTS)

そして北の方向で旋回する飛行機がやってきた。

IMG_9236

787は翼の形ですぐわかるね。

IMG_9251

成田から飛んできたJALの787の着陸である。

IMG_9256

そしてこの飛行機が私の帰国便となる。これでヘルシンキ・ヴァンター空港での撮影は終了。ターミナルへ戻り搭乗準備に入る。

IMG_9265

日本航空 B787-8(JA840J)

 
2件のコメント

投稿者: : 2016年5月10日 投稿先 飛行機, 旅日記5

 

ヘルシンキ・ヴァンター空港で撮影(前編)


さてヘルシンキ国際空港(以降ヴァンター空港と表記)で乗り継ぎに時間を空けたのは、この場所へ行こうと思っていたからだ。

IMG_8844

エレベータで上がると、立派な展望デッキである。

IMG_8846

この建物、実は空港のそばにあるフィンエアーのビルである。日曜なのに展望デッキは開放されている。FINNAIRの看板の右側がデッキである。

IMG_9269

展望デッキから見たヴァンター空港ターミナル全景だ。これは成田の第1ターミナルより小さいかな。この小ささ故に、ヨーロッパの中では一番乗り継ぎが便利な空港と呼ばれている。

IMG_8847

まあ撮影は、フィンエアー中心となる。しかもA320より小さい飛行機がメインである。

IMG_8851

直角の滑走路にフィンエアーのエンブラエルが着陸してくる。

IMG_8865

あれはフィンエアーじゃないなあ。

IMG_8875

トルコ・ターキッシュエアラインズのA321だ。日本では飛んでこない機体である。

IMG_8883

ターキッシュエアラインズ A321-200(TC-JSN)

フィンエアーのOneworld塗装が現れた。しかもエンブラエルではないか。

IMG_8909

フィンエアー ERJ-190LR「Oneworld特別塗装」(OH-LKN)

ルフトハンザもA321でヘルシンキ入りである。

IMG_8950

ルフトハンザドイツ航空 A321-200(D-AIDT)

ロシアはヘルシンキから近い国だ。アエロフロートもA320で十分である。

IMG_8993

アエロフロート・ロシア航空 A320-200(VP-BRY)

小さい飛行機ばかりであるが、これがヘルシンキの宿命か?残りは後半へ。

IMG_9009

IMG_9037

 
2件のコメント

投稿者: : 2016年5月9日 投稿先 飛行機, 旅日記5

 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。