RSS

カテゴリー別アーカイブ: 旅日記4

再び現れるシドニーのシンボル


船はシドニーの街に近づいてきた。先頭のデッキに座った価値がやっとやってきた。

IMG_7846

正面にシドニーのハーバーブリッジ。

IMG_7847

ヨットも小さい定期船も行きかう。

IMG_7854

再びオペラハウスだ。船からのアングルは最高だな。

IMG_7856

 
コメントする

投稿者: : 2020年1月26日 投稿先 風景, 旅日記4

 

マンリーからの戻り道


マンリーからサーキュラーキーへ戻る船は先頭のデッキに座ることができた。

IMG_7827

マンリーの港を出てしばらくは横揺れだった。外洋へ出るところは怖いね。写真どころではなかった。

IMG_7828

今度は街が徐々に見えてくるのだ。

IMG_7832

帰りも飛行機雲が見えたね。

IMG_7836

再びシドニーの街へ。あれをもう一度。

IMG_7844

 
コメントする

投稿者: : 2020年1月25日 投稿先 風景, 旅日記4

 

さよならマンリー


ボンダイビーチもそうだった。青空と青い海。

IMG_7815

次回は水着を持ってこよう、と思ってしまう。

IMG_7817

よっしゃ、波に乗った、ということで、マンリービーチとはお別れである。

IMG_7819

メインストリートを通ってフェリーターミナルへ。

IMG_7820

左側のティーハウスや

IMG_7821

右側のホテル兼バーも趣深い。

IMG_7822

いいところだった。さよならマンリー。

IMG_7825

 
コメントする

投稿者: : 2020年1月24日 投稿先 風景, 旅日記4

 

カモメも日光浴


いいなあ、ベンチで日光浴。

IMG_7807

「人間だけじゃないぞ」

IMG_7810

カモメが集団でビーチを占拠している。しかし人々は気にしていない。彼らも日光浴なのだ。

IMG_7811

それぞれのマンリービーチである。

IMG_7813

 
5件のコメント

投稿者: : 2020年1月23日 投稿先 風景, 旅日記4

 

波に乗れそうなマンリービーチ


マンリーも素晴らしいビーチだ。

IMG_7789

カモメさんには注意しながら。

IMG_7790

お、ここもサーファーがいるねえ。

IMG_7793

ボンダイビーチに比べ波がやってくる間隔が長いので、サーフィンはやりやすいかもね。

IMG_7795

ほら来た。もっと高い波が欲しいかもね。

IMG_7797

日差しが強くなってきたマンリービーチである。

IMG_7804

 
コメントする

投稿者: : 2020年1月22日 投稿先 風景, 旅日記4

 

ビーチへ向けて、人もカモメも


美味しい魚料理とカクテルで満足した私は、たまたま見つけたスーパーで土産探しをした後、再びマンリービーチへ。

DSC_2410

DSC_2411

ここはリゾートなのでボンダイビーチより観光客が多い、あれはカモメか?カモメもビーチで休んでるんだな。

DSC_2413

これは要注意だ。サーキュラーキーでの「トラブル」の再燃回避である。

DSC_2414

 
コメントする

投稿者: : 2020年1月21日 投稿先 風景, 旅日記4

 

2019年10月21日の昼食・マンリー編


一旦ビーチから離れ、フェリーターミナルから少し離れた「garfish」という店で食事とした。魚が食べられそうだったからここを選んだ。

DSC_2409

10月、シドニーは春といえども日差しで暑い。ビールで喉を潤すが、アサヒスーパードライだった。

DSC_2404

注文した魚料理、魚を串刺しにして揚げてるな。

DSC_2405

魚自体は白身魚で美味しかったんだけど、ナイフとフォークで食べるには苦労する。それより野菜が唐辛子のソースがあえてあって辛い。オーストラリアでもアジアンテイストな辛さの料理はいいんだな、と思った。

DSC_2406

さすがにこれで店を出るのはきついので、カクテルを注文。量の多いのにしないとな。

DSC_2407

Pimms cup、ジンベースのカクテル。グラスの周りはキュウリのスライスではないか。中にストロベリーが入っていて、どんなんかなあと思いながら呑んだ。これが実に美味しい。キュウリとストロベリー、意外なところで相性も見つけられたマンリーの昼食だった。

DSC_2408

 
コメントする

投稿者: : 2020年1月20日 投稿先 風景, 旅日記4, 今日の食事

 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。