RSS

日別アーカイブ: 2017年11月25日

美瑛富良野写真館2017夏その210


IMG_2802

IMG_2804

 
コメントする

投稿者: : 2017年11月25日 投稿先 美瑛富良野写真館

 

旭川から羽田へ戻る


羽田からの便の到着遅れで出発が5分遅れた帰りのJAL556便である。

DSC_3815

某国大統領の来日の日でエアフォースワンが見られる可能性があると思い、窓側席への変更を試みたけど満席では無理だった。幸いあちらは横田へ行ってしまったので、余計なことをしなくてよかった、というところではあるが、

DSC_3816

機窓右側は焼けた空が見られたんだなあ。

DSC_3819

遅れて出発した飛行機はそれでも羽田空港には予定よりも早く着陸。しかし、スポットが空かず、誘導路で暫く待機。横はJALの格納庫。金曜日も見た政府専用機が横に並ぶ形となった。APEC首脳会談があるベトナム・ダナンへ向かうための準備かな。

DSC_3820

DSC_3821

予定より3分遅れ、羽田空港のスポットに到着した。晩秋初冬の美瑛の旅が終わった。

DSC_3822

今回の旅の美瑛の風景は「美瑛富良野写真館」で夏の写真が終わった後に公開予定。

p.s. 羽田空港の荷物引き取り場所で吉田類さんを見た。どうも同じ飛行機に乗っていたようだ。スーツケースを引きずり出す以外はTVの「酒場放浪記」の時と全く変わらない感じであった。有名人を見たことはあるけど、あれだけ気づかれ振り返られた人は見たことがない。吉田類さん恐るべし。

 
コメントする

投稿者: : 2017年11月25日 投稿先 タビツイ2, 飛行機

 

2016年8月18日の夕食・ロンドン編


教会の横路を入っていったところにあるパブはTHE JAMAICA WINE HOUSEという。

IMG_1643

ここはロンドンで最初にできた「コーヒーハウス」である。コーヒーハウス、女性禁制でコーヒーが飲めるのはもちろん、情報共有の場であった。いつしか飲み物は酒になり女性も問題なし、パブへ変化したわけだが、一方情報共有の場がビジネスになったところもある。船の情報共有をやっていたコーヒーハウスが保険を扱い始め、そちらを本業として大きくなった典型的な例がロイズコーヒーハウス、そう私がここを訪れる前に行ったロイズ保険機構なのである。いずれにせよ、この店を知ったことでパブはそういう場所であることに魅力を感じた店がここなのである。

IMG_1644

店も、歴史を感じる建物である。外ではビジネスマンが呑みを楽しんでいる。

IMG_1645

今回初めて知ったのは地下にテーブルサービスをしているTodd’sという店があったことだ。今夜はここで食事にしよう。どうもワインはここで楽しむようだ。

IMG_1646

IMG_1647

このパブのもう1つの特徴は生ビールにアサヒスーパードライがあること。ロンドンで日本の生ビールが飲めるんだなあ。もう一方の銘柄にしたのは言うまでもない。

DSC_0751

DSC_0752

食事はソーセージと豆の料理だった。あっさりで、ビールとはよくあった味であった。

DSC_0753

食事を終えパブの撮影をしたら盛り上がった。フレンドリーに迎えてくれる。記念撮影しまくりだった。こういう雰囲気はたまらないね。

DSC_0756

ここは何度も訪れたい店である。

IMG_1652

 
コメントする

投稿者: : 2017年11月25日 投稿先 旅日記3, 今日の食事

 

美瑛富良野写真館2017夏その209


IMG_2797

IMG_2799

 
コメントする

投稿者: : 2017年11月25日 投稿先 美瑛富良野写真館

 

シンガポール飛行機撮影初日


空港近くのチャンギビジネスパークの2か所で撮影。

DSC_3939

これまでの飛行機撮影の中で一番充実した内容であった。

IMG_5311

速報ではシンガポール航空の飛行機の写真だけとする。

DSC_3946

詳しくは日本へ戻ってからご紹介していく。

IMG_5714

そのご褒美に名物のチキンライスを食べ、ラッフルズホテルでは日本シンガポール外交樹立50周年を記念したカクテル「サクラスリング」を呑んだ、ということである。

DSC_3959

DSC_3976

明日は撮影2日目。午前中と午後の早い時間まで頑張って、その後はお土産探しなどに入るかな。

 
コメントする

投稿者: : 2017年11月25日 投稿先 タビツイ3, 風景, 飛行機, 今日の食事

 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。