RSS

無座の時の隠れ席

30 6月

新城駅からは断崖絶壁の区間をトンネルで通過していく。ここは道路も整備されておらず鉄道が唯一の交通機関。それだけ花蓮にとっては鉄道建設が悲願だったのである。

IMG_8746

大陸観光客が乗ってきて満席となった車内。しかし私は隠れ席を確保した。

DSC_2434

そう、車端にあるこのスペースである。もとはお茶をサービスしていたスペースなのだ。狭いが席が1つある。お茶のサービスをやっていた時はスタッフが座っていたのだろう。立っているよりは断然いい。

IMG_8739

新城駅から50分、曽於記新駅に到着。ここで団体さんは降りてしまった。新城駅は観光地太魯閣渓谷の入り口の駅。太魯閣は「タロコ」で特急電車の名前にもなっている。観光バスで回ろうとしても新城と蘇澳の間の道路が整備されていないのでこうやって列車に乗っているのだ。だから指定席は満席になってしまうのである。

IMG_8747

IMG_8748

再び車内はガラガラになった。宣蘭からの席も空いていてそこに座った。結局台北まで立つことなく「無座」体験は終わった。

IMG_8749

 
コメントする

投稿者: : 2017年6月30日 投稿先 タビツイ3, 鉄道, 風景

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。