RSS

日別アーカイブ: 2016年10月16日

川越祭り2016


土曜日は川越祭りへ行ってみた。久しぶりである。

IMG_3798

この日は街の中を山車が巡り、山車や街のあちこちにいる「神様」がご挨拶しあうのである。

IMG_3800

1台の山車がやってきた。

IMG_3804

獅子も舞い

IMG_3818

山車に飾られている龍も立派で

IMG_3819

ところが行った時間はちょうど神社からの戻りで、夕方までお休みとのこと。残念だが、川越の街歩きができたのは、よかったかな。

IMG_3824

「時の鐘」もこのようなときじゃないと写真撮らないねえ。

IMG_3826

IMG_3833

それでも街から聞こえるお囃子と踊りで祭り気分に浸れる。

IMG_3839

IMG_3843

IMG_3847

IMG_3850

帰りに「鏡山」の酒蔵で日本酒カクテルを呑んで締めた。

IMG_3854

IMG_3855

 
コメントする

投稿者: : 2016年10月16日 投稿先 風景

 

(再構成)美瑛富良野写真館2010秋その054


IMG_1298

IMG_1301

 
コメントする

投稿者: : 2016年10月16日 投稿先 美瑛富良野写真館

 

今回の車2016秋


美瑛の丘を巡るために借りた今回の車は、前回と同じマツダデミオのディーゼルである。

IMG_3062

前回、燃料費で大変楽だったので今回も。今回は給油もなく旭川空港の営業所へ戻ることができた。それにしても前面が少し赤いのはいいねえ。

 
コメントする

投稿者: : 2016年10月16日 投稿先 タビツイ2, 風景

 

これがFLYING SCOTSMAN


MALLARDも牽いたと言われる列車がFLYING SCOTSMANである。

IMG_9821

FLYING SCOTSMANといえば、前日のエジンバラで見た、これである。

IMG_9621

列車の説明はこの通りである。

IMG_9822

つまりロンドン・キングスクロス駅を10時ちょうどに出発するエジンバラ行きの列車のことである。ということは8月7日の乗った10時発の列車

IMG_9212

行先はアバディーンだけどエジンバラへ向かう、私が乗った列車は「FRYING SCOTSMAN」なのである。

IMG_9224

ちなみに大変な余談であるが、東武東上線で現在も走っているこの電車

DSC_2809

以前走っていた特急「フライング東上」号の車両に合わせたカラーであるがこの列車の元はこの「FLYING SCOTSMAN」からきているのである。

とにもかくにも「FLYING SCOTSMAN」はイギリスを代表する列車であるのだ。

IMG_9824

昔は馬車で2日かかっていた、しかも乗り心地が悪い中でのスコットランドへの旅だったのが、FLYING SCOTSMANのおかげで8時間近くまで短縮した。しかし最初はトイレもなく、食事もなく、途中駅で置いてけぼりになるなど大変だったようだが、それでも馬車よりは楽だったらしい。

IMG_9825

第2次大戦では空襲の中、この列車だけは必ずロンドンを10時に出発していたそうだ。

IMG_9827

そういった伝統の列車である。現在はツアートレインとして蒸気機関車がけん引して全国を走っている。実はロンドンからエジンバラへ向かった8月7日にこの列車を横から追い抜いていった。写真を撮る余裕はなかった、沿線では現地の鉄道ファンがカメラを持って待っていた。FLYING SCOTSMAN、ロンドンを10時に出た「ヴァージンレイル」の列車に抜かれたのは痛快であろう。

IMG_9828

 
コメントする

投稿者: : 2016年10月16日 投稿先 鉄道, 旅日記3

 

(再構成)美瑛富良野写真館2010秋その053


IMG_1293

IMG_1296

 
コメントする

投稿者: : 2016年10月16日 投稿先 美瑛富良野写真館

 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。