RSS

日別アーカイブ: 2015年6月17日

4年経った女川 4 years passed on ONAGAWA


これは2011年9月に訪れたときの女川である。津波で横倒しに倒壊した建物、地盤沈下した土地、津波の恐ろしさを痛感した女川だった。

I visited here ONAGAWA town 4years ago. I sawed many broken buildings which falled down by tsunami because of heavy earthquake.

IMG_7420

IMG_7421

IMG_7423

あれから4年。女川の街の中心は地盤を高くする工事が続き、人の気配は駅以外ほとんどない。

Below are latest ONAGAWA town center. But there is no life of people for glowing up ground.

IMG_4557

4年前の写真の最後にお見せした横倒れの建物は唯一これだけ残っている。交番だったそうだ。保存するかどうか議論中とのこと。

The broken building remains only below. It was police station, now the town are discussing to remain or not.

IMG_4562

そしてこれが今の女川の港である。この時は警察が船を出し港の中での行方不明者の捜索を行っていた。

Below is latest ONAGAWA port.

IMG_4555

あれだけの大きな地震そして津波、4年ではまだ人の生活は戻らない。しかし先ほどの「復興カレー」といい、少し先を見据えた動きは始まっている。次にこの女川を訪れたらどうなっているだろうか?先ほどの医療センターにあるモニュメント。1000年先の人たちのために残した中学生の「教訓」である。ここまで津波が上がってきたのだ。地震が来たらここまで上がっていかなければならない、そして家へ戻ってはならない、と。

IMG_4552

There is no change from 4 years ago here, I think. But I feel wind to chnage to future.This is monument to inform that tsunami came this hill. ONAGAWA’s junior high school’s students remain to future people after 1 thousand years on this monument.

1) Tsunami came this hill level.

2) You must escape to this hill when you receive heavy earthquake.

3) You must not go back home.

 
4件のコメント

投稿者: : 2015年6月17日 投稿先 風景

 

美瑛富良野写真館2015春その072


IMG_3493

IMG_3494

 
 

美瑛富良野写真館2015春その071


IMG_3488

IMG_3490

 
 

2015年6月16日の夕食・盛岡編


昨日は日帰り出張で盛岡へ。行きは初めてレッド冴えるE6「こまち」に乗った。

DSC_1978

お昼は駅近くでジャージャー麺を食べた。よく食べ方が分からずすべて店員の「指導」となった。客先訪問を終え、盛岡駅地下にある「明明家」という盛岡冷麺の店で食事となった。

3点セット。カルビとナムル、そして半ご飯がやってきた。

DSC_1980

カルビを焼いているうちに

DSC_1981

これが盛岡冷麺である。中辛だそうだが、スープはキムチのせいか少しフルーティーだ。メインが冷麺になるところがすごいね。税別1480円。

DSC_1983

ところでなんで「わんこそば」にしなかったのって?今日はこれから長野へ出張だから。その後大阪へ向かうから、冷麺は鶴橋へ行けばいいのに、と言われても仕方がないのだが。

 
2件のコメント

投稿者: : 2015年6月17日 投稿先 今日の食事

 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。