RSS

日別アーカイブ: 2013年11月5日

畑には入らないで


(アメブロ「しまやん香港アジア支局・過去帳」 http://ameblo.jp/shimayanhkasiaex/ でも同じ記事を公開しています。)

旅の最後に、このことを知ってもらいたく、書いてみた。

美瑛・富良野の畑には入らないでほしい。

今美瑛で一番知られている木はこれである。

IMG_6185

5本立ち並ぶ木、色づいている。有名な木ではなかったが、今年JALのCMで嵐と共演したのを機に一気に有名に鳴ってしまったのである。国道の美馬牛の交差点からこのように撮ることができることを今回初めて知った。

IMG_6186

この木、私も場所は知っていた。しかしこの木はうまく撮れなかった。県道から見ると電線がじゃまをする。そして近くに農家があって早朝でも気兼ねなく撮ることが難しい場所だった。上の写真の場所を知るまではこういうカットがすべてだった。

IMG_6196

ところが有名に鳴ったものだからこれを撮るために入っていくんだな。ファンに限らず観光客も、そして写真を撮るものも。

都会の靴で入ると雑菌が畑に紛れ込む、そのために畑の作物がダメになってしまうことがある。我々はこれをタダで見させてもらってるのだから、農家にとっては死活問題だ。

ということで、よく見てほしい。5本だった木に左右に植林をしてしまったのだ。

IMG_6197

このままにしていると観光客の侵入が絶えない、それを避けるために農家が考えた「苦肉の策」である。

そして、これはこの木だけではない。私もよくお見せしている「哲学の木」もだ。

IMG_6159

さあこのアングル、これまで何度もお見せしているが、これが難しくなってしまった。

IMG_6164

根元を見てほしい。

IMG_6165

これまで哲学の木の根元へはあぜ道があったので歩けると思い入っていく観光客が多かった。もちろん畑の中なので禁止であるが、看板を立てても入るのだ。この農家は木を切ることが考えたそうだが、結局このように赤で「×」を書いて畑を耕し簡単に入れないようにしたのである。晴れた日は遠景でも目立つ。残念でならない。

誰が悪いとは言わない。「ものづくり」に対しての意識のなさが根本の問題である。美瑛を愛し写真を撮るものはこれをよく知ったうえでフォローしてあげなければならない。しかしそれを知らないカメラマンが多いのだ。それが情けない。

再来週、嵐のコンサートが札幌であるのだそうだ。前例から多くのファンが日帰りで札幌から見に来る可能性がある。こんな愚行がないようににしてほしい。

なお小職の写真は畑へ入って撮るようなことはない、または許可を得て畑に入るなどしている。

ご了解いただきたい。

もう一度いう。

美瑛・富良野の畑には入らないでほしい。

この旅の続きは「しまやん徒然旅日記」 https://shimayanhongkongasia.wordpress.com/ でご紹介していく。

 

 

 

 

 

shimayan118をフォローしましょう

 
4件のコメント

投稿者: : 2013年11月5日 投稿先 タビツイ2, 風景

 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。